ベビーからママのためのセレクトショップ

赤ちゃんの行事一覧!上品なベビードレス入荷しました。

もくじ

  • みなさんこんにちは。

saihiオーナー/アンガーマネジメントキッズンストラクター/チャイルドコーチングマイスター/子育てハッピーアドバイザー、山口明子です。

 

清楚で上品なベビードレス。

新生児~1歳まで、なにかと活躍するベビー服です。

とってもかわいいベビードレスが入荷しましたので、ご紹介です。

(ボンネット付きのセット)

webショップはコチラ

 

ベビードレスとは?

1歳未満の赤ちゃんのためのおしゃれ服のことを言います。

おとなでいうところの、ちょっとしたパーティに着ていく服、ですね。

出産前から準備することが多いため、男女どちらも着られる色(白、ベージュ)がおすすめです。

 

赤ちゃんなのにそんなの必要?って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、赤ちゃんはお祝い事がいっぱい!

成長ごとに節目の行事があり、ちょっといい服を着せたい機会がたくさんあります。

赤ちゃんとの暮らしにベビードレスはあった方がいいアイテムです。

webショップはコチラ

 

赤ちゃんのお祝い事

どんなお祝い事があるの?

赤ちゃんの行事について、詳しくご説明します。

 

1)退院

産院で出産する場合、赤ちゃんがはじめて自宅に帰るという記念の日。

とっておきのベビードレスやセレモニードレスを着せて、ぜひ記念写真を撮りましょう。

webショップはコチラ

 

2)お七夜

「お七夜(しちや)」は、生後7日目の夜に行うお祝いです。

昔は赤ちゃんが生まれても無事に育つとは限らなかったので、生後7日目をひとつの節目としてお祝いをするようになったそうです。

命名をし、親戚を呼んで盛大にお祝いをするものだったのですが、現代は産後7日くらいで退院することが多く、退院時とお七夜が重なってしまうために家族や親せきを呼んで盛大なお祝いを・・・とするのはなかなか難しいようです。

パパとママだけでお祝いする家庭が少なくありませんし、問題ありません。

 

2)親戚や親しい友人へのお披露目

次の健康診断(1か月健診)まで、ママと赤ちゃんは自宅で過ごします。

その間、親しい友人や親せきへのお披露目やみなさんからのお祝いなど、自宅には人の出入りが増えます。

写真を撮ってもらうことも多いです。

そんな時は、やっぱりステキなベビー服が必要になります。

webショップはコチラ

 

3)1か月健診(=はじめての外出)

産院に出向いて、赤ちゃんの1か月健診があります。

赤ちゃんにとっては初めてのお出かけなので、大切な思い出になります。

健診しやすい短肌着(前開きの肌着)の上に、少しオシャレな服を着せるといいですよ。

 

4)お宮参り(生後1か月~)

氏神様に赤ちゃんをお披露目し、健やかな成長を家族でお祈りする儀式です。

生後30日前後にお粉りますが、地域によって多少異なります。

男の子は生後31日や32日、女の子は32日や33日に行うのがよいとも言われますが、赤ちゃんやママの体調を第一に考え、ご家族の都合のよい日取りで行うことが一般的です。

氏神様へのお披露目なので、自宅の近くの神社で行うのがよいのですが、今は、どこの神社で行ってもよいとされています。

お父さん方の祖母が赤ちゃんを抱くのが伝統的ですが、ほかの方が抱いても問題ありません。

ご祈祷をお願いする場合は、初穂料5000~1万円が目安になります。

赤ちゃんの服装は、祝い着をかけるのが一般的ですが、ベビードレスにケープなど、洋装でもかまいません。

ベビードレスの上に祝い着をかけることが多いので、どのみち、ベビードレスは持っていて損はありません。

ご家族の服装は、フォーマルやセミフォーマル、スーツ、ワンピース、着物など、お参りに適したきちんとした服装を心がけましょう。

 

5)お食い初め(生後100日~)

食べ物に一生困らないよう、赤ちゃんに初めて食べ物を食べるマネをさせる儀式です。

生後100日くらいに行いますが、それは、歯が生えるほど成長したことを喜ぶ意味もこめられているからです。

生後100日というのはあくまでも目安で、地域によっては120日目だったり130日目だったりといろいろです。

赤ちゃんの体調、ご家族みなさまの都合で日取りを決めるとよいでしょう。

昔は、親しい親戚や家族が集まり、自宅で行うのが一般的でしたが、現代では、レストランやホテルにて行う家庭も多いです。

「お食い初めプラン」などを利用するのも一つの方法です。

6)3か月健診

新生児のときに比べると、体つきもしっかりとしてくる3か月ごろにも健診があります。

成長の節目なので、短肌着の上にかわいい服(ベビードレス)を着せてあげたいものです。

webショップはコチラ

 

 

saihiおすすめのベビードレス(ボンネット付き)

saihiでは、上品で清楚なベビードレスをご用意しております。

webショップはコチラ

 

ガーゼのようにやわらかなコットン素材

小さな小さなベビーの体に触れるものなので、ガーゼのようにやわらかな綿素材がおすすめです。

webショップはコチラ

 

ボンネット(帽子)付

フォーマル感が増すので、ボンネット(帽子)は必須です。

ふわふわとやらわかなボンネットは、小さなベビーのかわいらしさを引き立てます。

webショップはコチラ

 

 

性別を問わず使えるやさしいベージュ色

出産前に準備したいので、性別を問わずお召しいただける色をご用意しています。

やさしいやわらかなミルクティーベージュ色は、日本人の赤ちゃんをより可愛らしく見せてくれます。

webショップはコチラ

 

 

 

動きを妨げない、丈夫なつくり

新米ママ&パパでもお着換えさせやすい、柔らかいけど丈夫な素材。

生後すぐから1歳くらいまで、長く使えるサイズ感です。

webショップはコチラ

 

 

 

ご家族に幸せを運んできてくれる赤ちゃんのお祝い事。

とっておきのベビードレスを準備してあげてはいかがでしょうか?

ぜひご利用くださいね。

category

Latest Blog

#tag

log

 

Blog Top